2021年01月17日

漫画アプリ・ゼブラックで単行本「怪物事変」第9巻に収録の第35話までを無料チケットで読める

単行本「怪物事変」第9巻.jpg





集英社の公式漫画アプリ・ゼブラックにて、単行本「怪物事変」第9巻に収録している第35話「馬鹿」までを無料チケットで読める企画を実施。




第9巻に収録の第35話以降、第36話からはコインを使用してレンタルで読むことができる。









田舎の静かな村では、家畜が次々と変死するという奇妙な事件が起きていた。



藍本松が手掛ける漫画「怪物事変」は、田舎の村で家畜が次々と変死する事件を解決の為に東京から来た男・隠神。彼は、調査の途中で、村に住んでいる不思議な少年・泥田坊と出会ったことで物語が始まる。










第35話「馬鹿」では、署の一室で待つ捜査官に飯生が登場 




成果報告だと、陽・炉薔薇が1つ、梅太郎が1つの結石を手に入れる。




陽は、炉薔薇を促し、炉薔薇はさらに2つの結石を差し出す。



3人は、結石を持ち帰るが、飯生からのねぎらいの言葉に、花楓は気に入らない様子。



夏羽たちは、屋島に合流し、夏羽は、持っている結石と浄結石をくっつけ、大きな塊となる。



隠神の言葉で、飯生が現時点で5つの結石を持っていることを知る。



隠神は、夏羽たちに石を手に入れた飯生は何をしようとしているのか問う。




その答えが食糧の独占であったと話す隠神。




飯生は、支配した人間を食糧にすると、人間を好んで食べる鬼たちをも支配下に置こうとしていることが明らかになっていく。

夏羽たちは、飯生に食糧を独占されてしまうと、自分たちに協力してくれる人たちがいなくなると間hが得ていた。



千葉県の桜牙ハムの加工場に行くよう、陽と炉薔薇に指示して、会議室を後にする。


残りの捜査官は、引き続き結石を探すことになる。


































posted by タクト at 15:34| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

四コマ漫画「Aチャンネル」の特製缶バッジと単行本第11巻のサイン本を応募者に抽選で当たる

単行本「Aチャンネル」第11巻.jpg


黒田bbが手掛ける四コマ漫画「Aチャンネル」の特製缶バッジと単行本第11巻のサイン本を応募者に抽選でプレゼントする企画を実施。



まんがタイムキララきららキャラット2021年2月号にて同誌2021年1月号の表紙を飾った「Aチャンネル」ホログラム入り特製缶バッジⅭと11巻サイン本Ⅾをプレゼントするというもので、「Aチャンネル」ホログラム入り特製缶バッジを5名に、11巻サイン本を3名にもらえる。




プレゼント企画.jpg



205ページの応募用紙にて必要事項と希望するⅭ、Ⅾの記号を明記し、応募の締め切りは2021年1月15日まで。
  




まんがタイムキララきららキャラット2021年3月号では、製作進行中の画集「baby blue 黒田bbイラストコレクション」第2弾のサイン本をプレゼントする企画を行う予定。




画集「baby blue 黒田bbイラストコレクション」には、「Aチャンネル」の連載開始からるん・ナギ・ユー子の卒業式のその後が描かれた完結までの軌跡をイラストで辿ることができる内容となっている。














posted by タクト at 16:41| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

漫画「文豪ストレイドッグス」第88話。敦と芥川の異能をくらった福地の両腕が

文豪ストレイドッグス (20).jpg



朝霧 カフカ、春河35が手掛ける漫画「文豪ストレイドッグス」第88話で描かれた時を超える刃の内容。



  


敦を殺すため睨みつける芥川 




敦は「そんなに命が惜しいのか」と話し、芥川「死など恐れぬ。恐れるのは太宰さんに認められず死ぬことだ」と答える。




元々、殺す予定だったのが早まっただけだ。敦が必死に説得するが、芥川が止まる様子はない。



芥川が自身の命が残り少ないことを話したのは、肺の病を患っているからだった。




残された時間の中、太宰を落胆させるわけにはいかず、その言葉に敦も立ち上がり、拳を構える。




お互いに異能を使いぶつかりそうになったが、ぶつからずにすれ違う。



芥川は敦に異能を纏わせて、完全な奇襲の形「月下獣羅生門 黒虎絶爪」を天人五衰の一人である福地桜痴に放つ。



福地を倒すことに成功す「太宰さんに認められず死ぬことだけ」という芥川の言葉、裏切ることはないとわかったようだ、



二人の合わせ技はまともにくらい、福地の両腕を切断する。





血だらけで座り込み、今にも死にそうな福地に、敦は「まだ死ぬな!」と言います。




福地は「まだ天はわしに使命を手放せてはくれんか」と呟き息を引き取る。



敦は福地の服から頁を取り出し、芥川が脱出するよう告げ、敦は福地の最後の言葉が気になる様子。



刀はすでに折られて、能力は停止しているが、福地が息を引き取る前に、最後に何かを斬っていたのを見ていた、





二人は斬られておらず、雨御前が最後に『何を斬ったのか』はわからないまま。雨御前が斬ったという『もの』。


時間が遡り、『黒虎絶爪』を放とうとしたシーンに戻るが、敦の腕が斬られ驚いている間に芥川も斬られてしまう。





福地が死んだ時の記憶はあるようで、二人は何が起こったのか全く理解できず、「なぜ?」と尋ねる敦。福地は「なぜわしが世界の危機を何度も救えたと思う?」と話す。



ありとあらゆる異能の存在する世界で、勝ち続けれたのには理由があり、雨御前の『十数秒の時間を渡る』能力のおかげでもあった。



福地は敗北した瞬間、雨御前の時を渡る能力を発動して、未来から過去を斬り、敗北をなかったことにする。




その事実を知り、ますます絶望する敦。


望みの作戦を、完全な形で繰り出したが、真っ向から叩き伏せられてしまう。





芥川はあきらめていない様子で、福地の不意をついた形で、異能を発動する。


シャツを異能操作して、消化器を爆発させたのち、敦を連れて逃げ出すことに成功。



ですがその瞬間、福地が能力を発動させ、数秒前の消化器を切断して、芥川の首に斬りかかる様子が描かれている。



立ちはだかる天人五衰が一人・福地桜痴。強敵達を倒してきた敦と芥川の連携攻撃は、生きる伝説と呼ばれる最強の異能力者に通じるのか…!? 福沢と研鑽を積み、百戦錬磨と謳われた福地の剣が、いま抜かれる――!



posted by タクト at 20:33| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする