2021年08月24日

マンガPark(マンガパーク) で単行本「暁のヨナ」第35巻の先読みがスタート

単行本「暁のヨナ 」 第35巻.jpg



マンガPark(マンガパーク) にて、草凪みずほ原作の単行本「暁のヨナ」第35巻の先読みを開始。





第35巻では、緋の病で体調がすぐれないスウォンの代わりに、ヨナが南戒使節団との会談に出席。対等以上に渡り合うヨナ。使節団のうちの1人が急死したことでヨナは犯人にされてしまう。



南戒使節団との会談に出席したヨナは、南戎の使節団と互角に渡り合い、その姿を見たケイシュクは、ただの姫ではないということ貫禄に圧倒される。




王でなければ話にならないと使者たちが話を話を打ち切ろうしたその瞬間、気分が悪そうにしていた使者であるランタンが体調を崩してしまいその場を倒れてしまう。


部屋へ運んで薬茶を飲ませたヨナはランタンから南戎の皇族や貴族は腐敗しているということを聞かされる。



使節団のうちの1人が急死したことについて、ケイシュク参謀には、ランタンは城に入る前から計画的に遅効性の毒を盛られていたのでないかと話すが、暗殺だと騒ぎ立てる使者たちはすぐに南戎のチャゴルに早馬を飛ばし、戦の準備をする。




城の兵卒の間でも南戎の使者が死んだという噂はすぐに広まって、文官に変装したジェハやユン、ハクもその事実を知ることになる。



ヨナが自分を遠ざけている理由に、気付いたハクは、使者たちと再び話し合いをして帰るところスウォンとヨナ。スウォンがぶっかったせいで倒れかかった、ヨナを助けた。



しかし、スウォンに異変を感じるハクに、ヒューリが襲いかかってくるのだが。










posted by タクト at 21:31| Comment(0) | マンガ・アニメ化作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: