2021年07月11日

単行本「熱帯魚は雪に焦がれる」第2巻分までコミックウォーカーとニコニコ静画にて無料公開

単行本「熱帯魚は雪に焦がれる」第2巻.jpg 



単行本「熱帯魚は雪に焦がれる」第2巻までを増量してコミックウォーカーとニコニコ静画で7月18日まで無料公開。




海辺の田舎町が舞台 



萩埜まことが描く漫画「熱帯魚は雪に焦がれる」は、都会の学校から海辺の田舎町にある七浜高校へと転校してきた女子高校生の天野小夏と、その高校で1人で水族館部と呼ばれる部活に所属する先輩・帆波小雪との関係を描いたガールズシップストーリー。



小雪は、周囲から高嶺の花だと思われるほどのルックスで、その性格から少し寂しさと息苦しさを感じ、小夏も孤独を抱えていた。時間が経つにつれお互いが仲良くなっていき惹かれ合う。電撃マオウに連載されていた作品で、単行本第9巻で完結した。


最終話では、小雪の卒業が少しずつ近づいていき季節は秋。七浜高校で文化祭が開催され、互いの想いを答え合わせするように、小夏は最後の疑問を確かめるために、行動に出る。「次にくるマンガ大賞2018​」では10位にノミネートされている。












posted by タクト at 19:39| Comment(0) | 漫画 コミック  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: