2020年10月17日

佐藤寿也監督の練習をサボるキノコに激怒した仁科が退部をかけて勝負する様子を描く「MAJOR 2nd」最新第21巻 の内容

単行本「MAJOR 2nd」最新第21巻.jpg



単行本「MAJOR 2nd」最新第21巻 では、風林中野球部の新監督に佐藤寿也監督が就任する。


大吾に「君は才能も努力も光に及ばないね。風林中を強くするためには君に辞めてもらうのが一番かな」と指導する。



かつて所属していたニューヨークタイタンズのユニホームに着替えた佐藤寿也監督は、チームのことをもっと知りたいと個人面談を行うと告げる。


佐藤寿也監督は「一つだけ訊きたい。君は女の子が7人もいるこの風林中が本当に辻堂に勝てると思っている?」と大吾に質問して、大吾は、「はい!勝てると信じています!」と伝える。




寿也は「オッケー。それを聞いときたかった」と言い、みんなを集めた。






前回は、風林中野球部の新監督として就任した佐藤寿也監督の練習がきつく、仁科、千代姉、千里の早朝ジョギングにも影響が出てきた。


疲れと睡眠不足から千里はジョギングを休むことになり、千代姉もばてているものの何とか仁科のジョギングについていく。


2日目には、キノコが練習をサボり、朝練を休む、初日の練習も監督の見えないところでサボっていた。


トイレでキノコが野球をなめているような発言をして、それを聞いた仁科は激怒する。





退部をかけてキノコと仁科が勝負





そして退部をかけてキノコに5打席の勝負することになる。



その勝負というのが、5打席、ヒット1本でも打てたらキノコの勝ち、もしキノコが負けたら退部というもの。



5打席でヒット1本だからキノコにとっては有利なはず、キノコがヒット2本打って勝利となった。


キノコに説教するが裏目に出てしまい、仁科はキノコに逆らうことが出来なくなった。



キノコ「俺が打てなかったら退部ってだけで」「俺に何の褒美もねーじゃん」「おめーが辞めるってんなら公平だけどよー」


太鳳もキノコの実力を認め「キノコは志が低いけど、正直なだけじゃない?」「あんただって睦子や千代姉に負けるなんておもってないっしょ?」と話す。



「盲腸が完治していないので」を言い訳に練習をサボっていたキノコに、佐藤寿也監督は「みんなと力を合わせる気も成長する子も無い人は、早く辞めてくれた方がいいね・・・。お疲れ様」と告げる。






















posted by タクト at 16:36| Comment(0) | 漫画 コミック  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: