2020年07月05日

単行本「Dr.STONE」最新第16巻刊行記念に 週刊少年ジャンプ公式アカウントで書店用POPを抽選でプレゼント

「Dr.STONE」最新第16巻.jpg




稲垣理一郎 が原作を、Boichi が作画を手掛ける「Dr.STONE」最新第16巻の刊行を記念して書店用POPが抽選で当たる新刊発売記念企画を 週刊少年ジャンプ公式アカウント (@jump_henshubu) Twitterで実施。




週刊少年ジャンプ公式アカウント (@jump_henshubu) Twitterをフォロー、該当する投稿をこの投稿をRTした人に抽選で3名に書店用POPをプレゼント。応募期間は7月12日まで。












瞬時に石化を避ける方法を考える千空 




前巻では、千空たちが石化により全滅しそうになったが、なんとか復活した千空。 




第16巻では、島全土の石化を確認したイバラの悪知恵により、全員が同じポーズで整然と並んで石化していた。




しかしその疑問も、石化したソユーズを発見したことで覆る。 




当主の息子は、記憶力がよく、イバラはかつて当主を石化させたことを見られてしまう。 



「5m 1second!」。時間と、距離。それを石化装置が認識してしまうと、イバラは石化してしまう。 



クロムたちにすべてを託された千空は、瞬時に石化を避ける方法を考えていた。




石化光線の範囲外に走って逃げるというのは、無理。島全土に渡る光線から逃げるには、島の外に出るほかなく、今から行って間に合うはずがない。




分かっているのは、クロムの残した、石化光線の広がりはずっと同じ速度であるという言葉。



石化に対抗するには、武器である復活液。



復活液に触れている間は、すぐに石化が回復するのか、もしくは復活液に接触しているところは、そもそも石化しないのでは? 




クロムたちのとった最後の行動。みんなが同じ幅で並んで、石化していき、その速度を、千空が見てタイミングを計る。



新キャラクターが仲間に入り最強の男が復活し、科学王国と石化王国との戦いに決着がつき、石化装置を手に入れた千空たちはホワイマンがどこにいるのかを突き止める。  


次巻からは、世界編に突入し遠距離航海からの船旅により、アメリカにたどり着いた千空たちの冒険が描かれる。




ティザービジュアル第2弾.jpg 


出典:(Ⅽ)米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会



2021年1月にはTVアニメ「Dr.STONE」第2期の放送と配信が決定しており、書店用POPには、ティザービジュアル第2弾が使用されてる。


 

Dr.STONE 16|集英社コミック公式 S-MANGA

石化王国vs科学王国の戦いは、千空vsイバラの一騎討ちに!! 仲間達の想いを繋ぎ、千空は石化装置を手にできるか!? そして、彼方から届く声“ホワイマン”をめぐる衝撃の事実が、科学王国を新たな冒険へと導く!!


posted by タクト at 14:40| Comment(0) | アニメ化されるマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: