2021年10月31日

少女漫画「チョコレート・ヴァンパイア」が残り2回で最終回

「チョコレート・ヴァンパイア」第17巻.jpg


くまがい杏子が手掛ける少女漫画「チョコレート・ヴァンパイア」がSho-Comi2021年23号を含め最終回まであと残り2回であることが明らかに。



同作は、ヴァンパイアと人間が共存する篝月(かがりづき)学園に、幼い頃、篝月家の末っ子でヴァンパイアの雪(せつ)と紅血の契約を交わした千代との恋愛を描いた作品。


両親をヴァンパイアに殺されて以来、人の変わってしまった千代は、人の血に飢えて攻撃的になったヴァンパイアを抑えるため警備隊の一員として活動することになる。



そして、新章となる白の葬送曲編(レクイエム)が開幕し、千代の中に眠るという皇妃の血以上に特異で稀有な力が新たな抗争に発展していくのですが、前号では、傷も回復した千代達は皇紀舞踏会にやって来るところから物語が始まる。


皇紀舞踏会から1ヶ月が経ち、傷も緩和し、千代達は別荘を連れ、喧嘩ばかりしていた千代と雪。その原因は、雪が千代に下品なキスをしていたことだった。

窓から、何やら揉める声が聞え、日葵の首に刀を当てる男の姿があり、コイツは、俺がもらうと叫んだ。


しかし、後ろから千代が現れ、刀を持った手を蹴り上げ、雪は男の後頭部を地面に押し付けたり、霞が男の口に皇紀の血の中毒治療薬を飲ませるシーンが描かれている。


Sho-Comi2021年23号では、リゾート旅行に訪れた雪と千代とその仲間がトラブルに巻き込まれるという内容で、センターカラーで掲載される。



Sho-Comi2021年23号の次号予告






  
 
posted by タクト at 12:22| Comment(0) | 漫画雑誌  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月29日

「謎のリリリス」がまんがタイムきらら2021年12月号にて完結

第1巻.jpg



まんがタイムきらら2021年12月号にて、TYONEが手掛ける四コマ漫画「謎のリリリス」が最終回を迎える。





自身が消滅する代わりに誰かと遊ぶという選択肢を迫られたリリリス



女子高校生のさわじまは、教室に入ると、リリリスと名乗る着ぐるみの姿をした生物と出会う。リリリスは、自身の持つ力を使い、謎の空間となった部屋に呼んだという。



同じく、部屋に連れて来られたあいかわまわり。記憶がごっそりないと話すリリリスは、二人をぶん回し、空腹になってしまう。



二人を連れてきた理由が、エサであることを思い出し、さわじまとあいかわまわりの顔の頬をスリスリしたリリリスは、おなかがいっぱいとなり、おなかがすいたらまた会おうと、いい部屋を出る。



喪失感、失った記憶を謎の力を使い、修復し始めるリリリスは、女の子の姿となり、放課後、さわじまのいる部屋におなかがすいたと話し入ってくる。最終回を収めた「謎のリリリス」第2巻は11月26日に刊行される。
  








posted by タクト at 21:17| Comment(0) | 漫画 完結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月28日

「血界戦線?魔封街結社?」第1巻から2巻までを 10月31日まで秋マン!! にて無料公開

「血界戦線−魔封街結社−」第1巻.jpg



開催中の秋マン!! にて内藤 泰弘が描く漫画「血界戦線?魔封街結社?」第1巻から2巻までを 10月31日まで無料公開。





3年前の大崩落事件で崩壊した紐育(ニューヨーク)は、異界と現世が交わる都市・ヘルサレムズ・ロットに一夜にして姿を変える。





そんな街に、フリーのジャーナリストであるレオナルド・ウォッチがやって来る。彼は、ヘルサレムズ・ロッドを題材とした記事を作ろうとしていた。しかし、その真の目的は仕事とは別のところにあることに気付く。




フリーのジャーナリストであるレオナルド・ウォッチが街に来た理由




ある日、行きつけのカフェ「ダイアンズダイナー」で食事をしていると、突如現れた音速猿に仕事道具であるカメラを奪われてしまう。通常の者だとその姿を目で捕えられないが、レオナルドにはその姿がはっきりと確認できるという。




そこへ、慌てて追いかけていると、街中で起きていた銀行強奪事件の犯人が起こした爆発に巻き込まれ、吹っ飛ばされたその先で、今度は覚えのない銀髪褐色肌の青年のザップ・レンフロに捕まる。



ヘルサレムズ・ロッドで暗躍する秘密結社ライブラの主要構成員の1人であると告げ、レオナルドを新人構成員と間違えたザップは、彼をライブラへと連れて行く。




堕落王が「退屈しのぎ」として起こしたという事件は、「およそ2時間でヘルサレムズ・ロッドを世界に向けて解き放つ」という内容のもので、異界と人界が入り混じるヘルサレムズ・ロッドは、その混沌さ故に世界全体の均衡を崩す可能性があると見なされてしまい、都市全体を覆う形で結界を張られている状態となっていた。




レオナルド達の前で解放された術式は、突然の出来事、超スピードの術式からの攻撃に咄嗟に反応したザップとクラウスによりけが人が出ることはなかったが、ライブラの事務所は崩壊する。





原因を持ち込んだ者として、レオナルドはザップに咎めら、クラウスが間に入り、制止。先の突然の出来事をレオナルドがしっかりと目で捕えていたことに気づいていた。




レオナルドが黙ってザップにここまで連れて来られた理由も、レオナルド自身の目が関係しているのではないか。その問いかけに、レオナルドは己がヘルサレムズ・ロッドに来た本当の目的を話し始めた。




フェムトはそれを解き放つ鍵となる術式を、なんとレオナルドの追いかけていた音速猿にかけていたという。




レオナルドは数カ月前、ヘルサレムズ・ロッドに家族と共に観光旅行にやって来たといい、自身の妹であるミシェーラと共に異界の異界の者リガ=エル=メヌヒュトと遭遇していた。



リガ=エル=メヌヒュトは兄妹に、「見届けるのはどちらだ」と言われ、「神々の義眼」を得るか、視力を失うかの2択を迫られる。




状況の中でもクラウスは、レオナルドの持つ神々の義眼の力を見込んでフェムトの起こした事件解決への助力を要請することになる。
  



posted by タクト at 20:14| Comment(0) | 漫画 コミック  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする