2020年05月31日

YouTube内の公式チャンネル・邪神ちゃんねるで2020年6月1日(月)22時より「邪神ちゃんドロップキック’(ダッシュ)」の生配信番組をライブ配信

「邪神ちゃんドロップキック’(ダッシュ)」.jpg  

出典:(Ⅽ)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック製作委員会





アニメ「邪神ちゃんドロップキック’(ダッシュ)」第2期 OP、EDを歌うhalca、ZAMBと一緒に「邪神ちゃん」を語る番組をYouTube内の公式チャンネル・邪神ちゃんねるで2020年6月1日(月)22時よりライブ配信される。 










zoomウェビナーの機能を生かして質問をしたり投票ができる体験型企画




番組には、オープニング主題歌「時としてバイオレンス」を務めるhalca、エンデング主題歌「Love Satisfaction」を歌うZAMB、ぺこら役を演じる小坂井祐莉絵、宣伝プロデューサーの蜷」一樹がリモートアクセスで出演し、「邪神ちゃん」の魅力について語られる。


小坂井祐莉絵と蜷」一樹が聞き手となり、zoomウェビナーの機能を生かして質問や投票をすることができ、先着1000人まで参加を受付けている。 



ユキヲが原作手掛ける「邪神ちゃんドロップキック」をアニメ化した第2期「邪神ちゃんドロップキック’(ダッシュ)」は、神保町にあるボロアパートで暮らす女子大生・花園ゆりねと、人間界に召喚された魔界の悪魔「邪神ちゃん」との共同生活を描いた作品。



第2期「邪神ちゃんドロップキック’(ダッシュ)」は、TOKYO MXほか各配信サイトで放送中。  







posted by タクト at 12:05| Comment(0) | アニメの主題歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

月刊コミックREX10月号にて「思春期ちゃんのしつけかた」が連載再開

最新単行本第3巻.jpg 

異世界メイドかのんたちが表紙を飾る単行本最新第3巻





単行本の製作とスケジュール調整のため2カ月間連載を休載している漫画「思春期ちゃんのしつけかた」が2020年8月27日に発売の月刊コミックREX10月号にて連載を再開する。





親の再婚で義兄妹になった兄妹によるラブコメ




中田ゆみの漫画「思春期ちゃんのしつけかた」は、大好きな先輩を追いかけて、高校へ入学した白鳥耕助が、無口であり無防備な女の子・飯島かのんの語突然、両親の結婚により、兄妹になった耕助とかのんによる恋愛を描いた作品。









高校入学初日の登校途中、白鳥耕介は歩道橋から落ちそうになっている女の子・飯島かのんを助ける。 偶然出会った二人は、同じクラスという運命的な再会を果たす。そんなある日、クラスメイトである耕介とかのんの親が再婚したことで義兄妹となり、ひとつ屋根の下で共同生活することに。


恥ずかしいハプニングがあったり、かのんは耕介に家庭内彼女になることを宣言したり、耕介の方は、何とか理性で自制する。


耕介が片思いする上級生の心乃香も登場したりとラブコメなんだけどエロ要素もありのラブコメで、少年マガジン公式無料漫画アプリ・マガジンポケットで週刊連載、pixivコミック・ピクシブREXにて公開中。

最新単行本第3巻にも1巻、2巻に引き続き通常版と描き下ろし漫画を収録したおとなの薄い本付き特装版を用意。

 
描き下ろし漫画を収録したおとなの薄い本.jpg描き下ろし漫画を収録したおとなの薄い本.jpg


出典:中田ゆみ公式アカウント (@nakatananikki) | Twitter



posted by タクト at 14:50| Comment(0) | 漫画雑誌  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

梅田・大丸ミュージアムで5月30日まで開催予定の「ドロヘドロ」の原画展〜林田球の世界〜が新型コロナウイルスの感染拡大により開催延期

「TVアニメ化記念ドロヘドロ原画展〜林田球の世界〜」.png


2020年5月20日水曜から5月30日土曜まで、梅田・大丸ミュージアムにて開催予定の「ドロヘドロ」のアニメ化を記念した原画展〜林田球の世界〜が、新型コロナウイルスの感染拡大により開催延期することが決定。
 




新型コロナウイルス感染拡大により開催中止





開催理由については、新型コロナウイルスの影響と、政府からの緊急事態宣言の発令により、開催を延期すると発表しており、会期については、2020年の夏ごろを予定。新型コロナウイルスの感染への影響と、イベント関係者及び関連施設の状況を確認したうえで、改めて発表される。 



同作は、魔法で頭を爬虫類に変えられ、記憶まで失った男性カイマンと彼の友人であり女性のニカイドウとともに、本当の顔と失われた記憶を取り戻す物語で、原作の単行本は全23巻刊行、林田球が原画展を開催するのはこれが初となる。 







会場となる大丸梅田店15階では、2000年より、月刊IKKIで連載、ヒバナ(小学館)、ゲッサン(小学館)と移籍し、2018年9月12日に発売のゲッサン10月号(小学館)にて完結した同作の過去から現在までの軌跡を辿る。来場者にはポストカードの配布や、原画の展示やグッズを販売が行われている。













posted by タクト at 16:28| Comment(0) | 漫画 イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする