2019年09月21日

映画「ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!」の入場者特典が明らかに

映画「ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!」.jpg



2019年10月4日(金)より全国の劇場にて公開される映画「ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!」の入場者特典を発表。





原作は島田フミカネ&Projekt Kagonish、藤林真が作画の4コマ漫画をもとに






「ストライクウィッチーズ」のスピンオフ作品で、「第501統合戦闘航空団」に入隊した宮藤芳佳と隊員たちによる日常を描いたコメディ。劇場版では、ネウロイの巣を破壊後、戦いで魔法力を失った宮藤芳佳と元501部隊の物語が描かれた30分のショートアニメとして製作。




島田フミカネ&Projekt Kagonishが原作を、藤林真が作画の4コマ漫画「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」を題材にした作品。




ティザービジュアル.jpg






入場者特典には、1週目に藤林真描き下ろした宮藤、服部、坂本、リーネ、ペリーヌ、ハイデマリーと、裏面には映画のティザービジュアルを使用したB5イラストカードを、2週目には、原作を担当する島田フミカネによる描き下ろしミーナ、バルクホルン、ハルトマンのイラストを使用したA4ポートレート、3週目も島田フミカネが描き下ろししたルッキーニ、シャーリー、サーニャ、エイラのイラストを使用したA4ポートレートを配布。







藤林真描き下ろしB5イラストカード.jpg裏面.jpg


島田フミカネ描き下ろしA4ポートレート.jpg島田フミカネ描き下ろしA4ポートレート.jpg





10月5日(土)から、東京都新宿区・EJアニメシアター新宿にて、映画「ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!」の公開を記念した舞台挨拶を実施。



舞台挨拶には、宮藤芳佳役の福圓美里、服部静夏役の内田彩が登壇し同作の魅力や裏側について語られる。チケットの先行先着販売がEJアニメシアター新宿、劇場のホームページにて受け付け中。




開催日時:2019年10月5日(土)
会場:EJアニメシアター新宿 (東京都新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル4階) 
 
・10時00分の回 (上映後 舞台挨拶) 
・11時50分の回 (上映前 舞台挨拶)


登壇者(予定) 
福圓美里(宮藤芳佳 役) , 内田 彩(服部静夏 役)


料金/席種 
1,800円(税込)/全席指定 
劇場HP




 


2019年10月4日(金)より全国で公開される「ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!」のPV



【ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!】

劇場公開 
2019年10月4日(金)より全国で公開

上映劇場 
ユナイテッド・シネマ札幌、MOVIX仙台、EJアニメシアター新宿、グランドシネマサンシャイン、TOHOシネマズ川崎、シネプレックス幕張、MOVIXさいたま、伏見ミリオン座、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズ二条、アースシネマズ姫路、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13


同作のストーリー 
ネウロイの巣を破壊した戦いで魔法力を失った宮藤芳佳。501部隊が解散した後、彼女は故郷の扶桑へ戻り、久しぶりに平穏な日々を送っていたが、かつての上官だった坂本たちの計らいで欧州の医学校へ留学する事になる。海軍兵学校で坂本の生徒だった服部静夏と一緒に再び欧州へ向かう宮藤。一方、かつての501部隊の隊員たちも各地に散り、それぞれの生活を送っていたが、宮藤の再渡欧や新たなネウロイの兆候をキッカケに、再び集まり始める。そんな時、欧州を旅する宮藤と静夏の前に、強大なネウロイが出現、宮藤はかつてない最大の危機に陥ってしまう。元501部隊の仲間たちは、無事に宮藤たちを救い出す事ができるだろうか──!?

スタッフ 
原作:島田フミカネ&Projekt Kagonish 
漫画:藤林真 
監督:伊藤史夫 
キャラクターデザイン:安食圭 
シリーズ文芸:村上深夜 
音楽:長岡成貢 
音楽制作:日本コロムビア 
音響監督:吉田知弘 
音響制作:グロービジョン 
プロデュース:立崎孝史 
アニメーション制作:Acca effe 戯画プロダクション 
アニメーション制作協力:プロダクションI.G アニメビーンズ 
配給:角川ANIMATION 
製作:第501統合戦闘航空団2019

キャスト 
宮藤芳佳:福圓美里 
服部静夏:内田彩 
坂本美緒:世戸さおり 
リネット・ビショップ:名塚佳織 
ペリーヌ・クロステルマン:沢城みゆき 
ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ:田中理恵 
ゲルトルート・バルクホルン:園崎未恵 
エーリカ・ハルトマン:野川さくら 
フランチェスカ・ルッキーニ:斎藤千和 
シャーロット・E・イェーガー:小清水亜美 
サーニャ・V・リトヴャク:門脇舞以 
エイラ・イルマタル・ユーティライネン:大橋歩夕













出典:(Ⅽ)2019 島田フミカネ・藤林真・KADOKAWA/501部隊発進しますっ! 
   (Ⅽ)2020 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団 
   (Ⅽ)2019 島田フミカネ・KADOKAWA/ルミナスウィッチーズ
posted by タクト at 12:14| Comment(0) | 映画化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

「スキップ・ビート!」44巻初回限定版に小説版を音声化したドラマCDを同梱

『スキップ・ビート!』第44巻.jpg



単行本「スキップ・ビート!」最新第44巻初回限定版に「スキップ・ビート!」小説版のエピソード「きっちん☆うぉ〜ず!?」を音声化したドラマCDを同梱。




2008年に放送されたTVアニメに出演のキャストが再集結




同梱されているドラマCDには2008年に放送されたTVアニメ版で、最上キョーコ役を演じた井上麻里奈、敦賀蓮役の西克幸らキャスト陣が再集結して製作。ダミーヘッドマイクを使用して敦賀蓮の囁きが収められた「新婚夫婦バージョン」も収録されている。



仲村佳樹が手掛ける「スキップ・ビート!」は、アルバイトをする女性・キョーコにはある秘密があって、幼なじみで人気の歌手・不破尚と暮らしていること。だが、不破尚に捨てられ、復讐を誓い芸能界を目指す姿が描かれている。花とゆめ(白泉社)に連載の作品。



『スキップ・ビート!』第44巻ドラマCD付初回限定版.jpg



44巻では、森住仁子の言動から、蓮と彼女は恋仲なのだと考えるキョーコは、再会した蓮は遊び人然ともとれる行為をとってしまう。

キョーコはモヤモヤを拭えないでいたが、キョーコと尚、そして蓮が居合わせてたことで物語が展開される。


単行本第44巻と花とゆめ2019年20号との連動キャンペーンも行われており、第44巻に収録されている番外編に登場する安眠枕を抽選で20名にプレゼント。抽選で外れた方にも、80名に500円分のオリジナル図書カードNEXTがもらえる。





posted by タクト at 17:33| Comment(0) | マンガの新刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

TVアニメ「彼方のアストラ」最終回放送記念に少年ジャンプ+にて原作のマンガを180ページ以上限定で無料公開

1巻.jpg



TVアニメ「彼方のアストラ」最終回放送記念に少年ジャンプ+にて原作のマンガを180ページ以上限定で無料公開。






最終回が放送されたTVアニメ「彼方のアストラ」とは






「彼方のアストラ」は、西暦2063年を舞台に惑星へキャンプへと出発した高校生たちの冒険を描いたSF作品。




目的地である惑星キャンプ・惑星マクパで、ケアード高校の生徒たちが遭難する。5012光年の彼方からメンバー全員が協力して、苦難を乗り越えながら成長していく姿が描かれている。2017年、第3回「次にくるマンガ大賞」Webマンガ部門で5位を、「このマンガがすごい!2019」オトコ編で3位[5]、「マンガ大賞2019」で大賞を獲得。



篠原健太が原作を手掛けるマンガをアニメ化したもので、原作は、「少年ジャンプ+」に連載。最終回では、第1話と最終話を1時間枠で放送。













TVアニメを見た方の評価




ツイッターとかのネットで彼方のアストラがSFとしてあり得ないとか言う奴らがいるらしいけど、スペースファンタジーだよファンタジー 
批判してる人はファンタジーの意味わからない人達なんだろうね 

そもそも見るに耐えないなら見なきゃいいし、面白けりゃ見たらいい 
俺は面白いと思ったから見た。それだけの事よ



ネタバレあり


原作漫画読了。王道で素直に感動した。15少年漂流記並みにシンプルで王道でハッピーエンド。よかった、よかった。勧善懲悪。少年少女の生き抜こうとする力が悪を粉砕する。


12話で完結するのでサクサク惑星巡り、伏線が一つ一つ回収されてゆく。ただ、各惑星の景色が当たり前すぎて残念。前人未踏の惑星ってハビタブルでももっともっと凶暴で狂ったように憑かれたように美しいと思う。


悪人キャラが弱すぎる。ラスボス感がない。だから主人公達の孤独感があまり響かない。人間性が弱い。5000光年先に宇宙服だけで飛ばされて、人間の最悪な面が出ない。みんな良い子すぎて、好きだけど物足りない。「大人は嘘をついている。」芝居のしすぎ。


最終話だけが嫌い。11話で一応決着はついているので、まあいいけれど。最終的にお母さんに丸投げしてる展開が都合良すぎて興醒めする。死んだと思ってた娘から突然、世界の秘密についてメールをもらったら、お母さん大変。エピローグである最終話が長すぎ、くどい。ただ7年後の良い子ちゃん達を見れたのだけは良かった。(特にルカ^_^)



当初は「銀が漂流バイファムに似てるし、結構ゆるいな」 
と見てましたが、特に後半に明らかになっていく数々の背景には、驚かされました。


そして、最後には全部ののキャラを応援していました。


まさに、王道の作品だったと思います。






原作を読んだ方の評価



各レビューなどで非常に評価が高く、興味があり購入しました。


溜めに溜めて、最後に一気に複線を全て回収しながら感動に持っていく、というような感じではなく、5巻という適度な長さで、最初から最後まで謎が増えたり複線が回収されたり、ギャグや恋愛、ミステリー要素が絡めてあったりと、密度が高いまま最初から最後まで楽しめる漫画でした。ですので最後は震えるような感動、という感じではなく、良い漫画を読ませてもらった、ありがとう、という爽やかな気持ちで読み終えました。


漫画全体の完成度、という点においてはここまで高い漫画もなかなか珍しいのじゃないでしょうか。

面白い・感動的、ということに加えて、上手い・練られている、という印象を受けました。



ネタバレあり


面白かったですが、人に勧めるほどではなかったです。

伏線を張って回収して終わりで、遊びになるような話がなかった気がします。ちょいちょい挟まれるギャグは、逆にサスペンス的な緊張感や臨場感を壊してしまっていて、どういうテンションで読めばいいのか解りませんでした。

話の作り込みと結末はよく出来てると思いますが、いまいち全体の背景が見えないので、もっと丁寧に描写したほうがよかったと思います。(この話数では厳しいでしょうが…)

あと人が着陸できる星が多過ぎると思います。なんでその環境で宇宙人的なのがいないの??状況に比べてピンチがぬるすぎます。ちょっとご都合主義が過ぎたかな…。

ネウロの作者みたいに、トンデモ設定を活かし切って欲しかったです。

あと環境によって人が変わるをテーマにするなら、全員をもっと成長させるべきだったのでは?カナタとザック、アリエスは特に変わってない気がします。過去の自分との変化をみせるのか、親との違いをみせるのか、何かしらないとテーマにも響きません。

漫画というより、これから膨らませていくようのシナリオって感じでした。




TVアニメ「彼方のアストラ」公式サイト







posted by タクト at 15:26| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする