2022年01月23日

「僕のヒーローアカデミア」第33巻、行方不明の 出久を救うためみんなはエンデヴァーのもとへ

「僕のヒーローアカデミア」第33巻



堀越 耕平が原作を務める単行本「僕のヒーローアカデミア」第33巻では、闇に飲まれた緑谷 出久が雄英高校を離れ、数日が経ったA組は、寮に集まり出久の安否を心配していた。




爆豪は、真夜中に、ドアに手紙が挟まれていた手紙を破り捨て「十中八九、エンデヴァーたちといる」。轟 焦凍、常闇 踏陰も、デクがエンデヴァーたちといるはずだと推測した。





飯田 天哉は、君たちの師匠に連絡を取り確認したのかと語るが、常闇 の師匠であるホークスや爆豪の師匠・ベストジーニスト、エンデヴァーに電話をしたが出なかったと明かした。




3人が忙しいことはわかるが、どう考えても不自然であると自分たちに何か隠し事をしているとしか思えないと。




その隠し事というのが、 出久のことではないのかと。オールマイトも戻らず、消息不明のまま。授業や進級がストップした状態で、ヒーロー科の生徒たちは寮での待機と周辺の警備強化を行うよう指示されていたが、細かい情報までは入ってこないようだ。


爆豪は、ジーパンとヘラ鳥が、病院でデクとオールマイトに接触していて、真夜中にドアに手紙が挟まれていたこと。エンデヴァーたちが、敵が雄英に近づかないようにしているとするといい、この手紙はオールマイトの仕業であると話した。






出久を救うことを決意するA組のクラスとメイト





みんなで組んで動いているというが、「大人と一緒にいるんだから安心なんじゃないのかと?」。 ニュースでもトップ3の事しか報道せず。オールマイトの名前が出ないことから、それが心配だという爆豪。



エンデヴァーたちよりもデクとオールマイトの事を知っており、それを考えれば最悪かもしれない。



みんなは、デクを救うことを決意するが、問題はエンデヴァーたちと連絡を取るかどうか。



麗日 お茶子は、「エンデヴァーは雄英の卒業生だったよね」と、轟に尋ねると「強引に行こう」と話し、校長室にいたエンデヴァーから出久のGPS受信機を奪う瀬呂、峰田、葉隠。



避難者の安全を最優先しようとするエンデヴァーに、校長は「敷地面積だけで指定避難所を受け入れたわけではない」文化祭の開催に伴い強化したセキュリティ。その名も雄英バリアも出番がなかった」と。


しかし、それでいいと、ここで育ったオールマイトを君たちの手で連れ戻してほしいと。



そして、A組のクラスメイトは出久の前に現れ「どいてよ」と変わらない 出久と対峙することに。




スキマ




































posted by タクト at 16:07| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月22日

あfろ「ゆるキャン△」「 mono 」2作品と東京都赤十字血液センターと山梨県赤十字血液センターがコラボ


resize_image.jpg 




あfろが手掛ける「ゆるキャン△」 と「 mono 」2作品献血センターコラボ応援キャンペーン 血液センターコラボ応援フェアがアニメイト池袋本店、町田店、吉祥寺パルコ店、錦糸町店、八王子店、渋谷店、秋葉原本館、立川店、蒲田店、聖蹟桜ヶ丘オーパ店、新宿ハルク店、イオンモールむさし村山店、甲府店で開催。




山梨県赤十字血液センターと東京都赤十字血液センターとのコラボ






第一弾が2022年2月1日(火)から2022年2月28日(月)、第二弾が2022年3月1日(火)から2022年3月31日(木)までの期間中、対象の店舗で、単行本「ゆるキャン△」第1から12巻、「mono 」第1から2巻を1冊購入ごとに、特典としてブロマイド2種セット(各弾1種・全2種)を1セットにして購入者に配布される。




東京都赤十字センターにて、2022年2月1日(火)から2022年2月28日(月)、山梨県赤十字全センターで2022年3月1日(火)から2022年3月31日(木)までの実施期間中、献血ルームの受付にて「献血キャンペーンに参加します」と申し出をした後、400mL献血または成分献血を行うと先着でクリアファイルがもらえる。




男性16歳、女性16歳から17歳に限り、200mLの献血でもプレゼントされる。











posted by タクト at 20:39| Comment(0) | マンガ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

漫画「猫暮らしのゲーマーさん」が週刊少年サンデーS増刊2022年3月号で完結

51gEJeGlxVL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg


灘谷 航が描く漫画「猫暮らしのゲーマーさん」が週刊少年サンデーS増刊2022年3月号で最終回を迎える。




白黒ハチワレ仔猫と29歳女性のヘビーゲーマーOLによる日常コメディー  



商社に勤務する29歳で独身の小桜理子は就業時間内にすべての業務を終わらせ一切残業せず、好きなゲームを自宅でプレイするため、主任から飲みに行こうと誘われても、絶体断るほどのヘビーゲーマーである。



次の日の朝、勤務する会社の駐車場で警備員からダンボールに入った仔猫を見つけたと報告があり、ダンボールに入った仔猫を見た小桜は、なぜか仔猫から目が離せなくなり「飼います」と言ってしまう。










初めての飼い猫に戸惑う小桜は、ペットショップで店員からもらったメモを頼りにトイレをさせたりエサをあげているうちに、元気過ぎて、笑いながら寝てしまう。



不思議な仔猫を飼ってしまったと不安な様子の小桜だが、ゲームでレベルを上げたり謎解きや育成をやっていることから、やり込み要素の強いゲームのキャラクターとして、攻略することを決意する。



最終話では、物件探しという最難関クエストに挑むことになった小桜さんだが、そう簡単に優良物件にはめぐり合えずにいた。そんな時、そぼろの鳴き声を翻訳してみると。



posted by タクト at 18:42| Comment(0) | 漫画 完結 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする